忍者ブログ
脳内桃色領域。常夏前線停滞中。
[242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [232]  [231
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深夜(?)の悪ノリ宿敵SS。無法地帯。
ギャグというよりは、作者が書きたい事を書いちゃっただけの謎作品\(^O^)/




「明けましてお目出とう」
「お虎ちゃんの年おめでとー♪」
独特のイントネーションで行長が言うと、古い名で呼ぶなと清正が文句を言った。
「まぁまぁ気にせんときぃな。虎狩りとかで君は有名なんやし僕と違(ちご)て、キミの年っちゅーのは変わらへんやろ?」
「今一瞬卑屈になった気がしたが………いや、まだ海を渡っての出兵はしていないから、厳密には俺の虎狩りはまだだぞ。設定的には」
「設定とか言わんで良えから!! 厳密に言ってもうたら、大内さんなんて、君が生まれる前に亡くならはってるから……ッ!」
小声で行長が必死に訴えると、清正は黙った。
行長がごほんと一つ咳払いをする。
「で、本題やねんけどな、」
「…ああ、そうだ。わざわざ呼んで何の用だ」
「あんな、今年さぁ、清正ちゃんの年やんか、」
「一応な」
「やのに最近ボク等出番少ないやんかぁ、」
「島津ブームらしいぞ」
「せやねん! あのアホはウチのお隣さんブームらしいねん。せやからな、あんな、ボク等の出番作ろう思てん」
「何でさっきから若干子供っぽく喋るんだ気色の悪い」
「ま・気にせんといて」
兎に角出番や出番、と言いながらズイと清正に寄る。清正は少し身を引いた。
「其処で僕考えたんやけど」
「何だ、勿体ぶるな」
「……。…じゃ直接的に


ヤ ら へ ん ?」


「馬……ッ馬鹿か貴様はぁあああああ!!??」
清正が当然の如く絶叫する。行長は涼しい顔で小首を傾げた。
「いや清正ちゃん喘ぎ担当やろ? 喘ギストやろ? なぁ子作りしましょー♪」
「だれが喘ギストだ!! ヴァイオリストみたいな言い方をするな!! ●魂出身か貴様は!!」
「キミも銀●出身やんか。ほら、マヨラーの彼の若い頃」
「俺に似てるキャラなら色々居るわ!! D●レのパッツンとかマク●スFの彼とかブ●ーチの貴族の幼い頃とか!! ってどうでも良いわ!」
「ボクもマ●ロスの一人に若干似てるねんでっ」
「張り合うな!」
「いや本馬に、同人サンが描きはると特にソックリ。キミのソックリさんとセットでソックリ。作者、原作知らんのに見た目だけで本買うたもん。男性キャラその2人しか知らんもん。名前はミh──
「知らんわ! 無法地帯か此処は!」
「深夜やからな」
「いや11時は微妙だろう」
「深夜やって深夜深夜。って事でド破廉恥も許される」
「許される訳があるかこの常春男!!!」
「ほらホラごちゃごちゃ言うてんと。本馬はジブンもシたいん違ゃうん? ご無沙汰で溜まってるん違ゃうん?」
「いや貴様昨日も襲ってたじゃないk………ってちょっと待て!何処触っ──ッあ!?」
「何処って…言うて欲しいん?」
「だ、黙れッ! ぁ、あ…ッ!」
「はい押し倒しど―――ん☆」


アッ―――!!!\(^p^)/




  続く    かも☆

















何だこのノリwwww
無法地帯すみませんでした\(^O^)/
むしゃくしゃしてやった。でも後悔も反省もしてないよ!(殴)
正月だから無礼講無礼講←
楽しかった(爆)


作者のテンションにより続くかも知れない。続いたとしたら相当なド破廉恥ですんで御覚悟を☆←



まぁこんな奴ですが
今年も第二作者(と第一作者)を今年も宜しくお願いします…ッ!


2010.1.1(FRY)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/26 履歴書の封筒]
[11/29 李春]
[11/08 李春]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
麗夢
性別:
女性
職業:
学生
バーコード
ブログ内検索
カウンター
  • Joujou
  • eternity labyrinth
  • 忍者ブログ

  • [PR]